元ネタ紹介

「俺の勝ち、なんで負けたか...」元ネタの本田とじゃんけん企画

「俺の勝ち、なんで負けたか明日まで考えといてください。」とは、
2019年4月にTwitterでペプシコーラが行ったキャンペーン(じゃんけんCP)で、
はずれの際に本田圭佑が放つセリフである。


アスリートから放たれる高い煽り性能が話題となり、
ネットミームとして広がったことで、至る所でネタとされて使用されるようになった。

元動画とセリフ集

本田とじゃんけんでは3つの選択肢があり、
グー・チョキ・パーで負けた時と勝った時4つでそれぞれの動画が用意されている。

ちなみに一番有名になっている。
「なんで負けたか、明日まで考えといてください」と言われるのは
パーで負けたときである。

負けVersion① -グーで負け-

俺の勝ち!

負けは次につながるチャンスです!

ネバーギブアップ!

ほな、いただきます!

負けVersion② -チョキで負け-

俺の勝ち!

たかがじゃんけん、そう思ってないですか?

それやったら明日も、俺が勝ちますよ

ほな、いただきます!

負けVersion③ -パーで負け-

俺の勝ち!

なんで負けたか、明日まで考えといてください。

そしたら何かが見えてくるはずです

ほな、いただきます!

勝ちVersion

やるやん。

明日は俺にリベンジさせて。

では、どうぞ。

流行った原因

Twitter上で本田圭佑とじゃんけんができる。というだけで既に人気はあったのが、
この「俺の勝ち...」がここまで流行った原因を見ていこう。

負けパターン時の本田のセリフ

プレイヤーが負けた際はブーイングが流れ本田に負けを宣言されるのだが、
どのパターンの本田のセリフも妙に煽り性能が高いことが挙げられる
本田△だからこそ余裕で許せるのだが。

じゃんげん形式なので、本田が後出しじゃんけんしているように見える

プレイヤーがじゃんけん(グー・チョキ。パー)を選んだ後に、本田のアンサーが流れるため、
プレイヤー視点では、どうみても本田が後出しじゃんけんしてるようにしか見えないのだ。ずるい!
もちろん不正などではなく、Twitterの仕様のためしょうがないのだが、
後出しした上にそのセリフ言うか!?とジョークとして広まった。

勝率がやたらめったら低かった

本田圭佑とじゃんけんが出来ることやその煽り文句が配信などで拡散され、
ネットミームとなり話題になりすぎたことで、このキャンペーンに参加者が
増え続け、当選確率が極端に低くなる現象が発生した。

当たり枠が16万に対して、当選確率は0.2%だったため、
単純計算して本田圭佑は8000万回じゃんけんしたことになる。本田が過労死してしまう。

他のキャンペーンに比べ圧倒的に当選が難しく、
本田圭佑がじゃんけん強すぎるとさらに話題を生む結果となった。

Twitter上で企業が行う商品やAmazonギフト券のプレゼントキャンペーンは多々あるが、
このキャンペーンで当たり演出を観れた方は豪運の持ち主であったと思われる。

その後の本田圭佑✖ペプシTwitter企画

本田とじゃんけんが話題となった後、ペプシコーラのTwitterキャンペーン企画には
その後も本田圭佑が登場し活躍している。

第2弾は2019年7月8日の「#本田とカードバトル

第3弾は2019年10月15日の「#本田とコイントス

第4弾は2020年5月12日の「#本田とじゃんけん2020

いずれも本田圭佑との対戦形式をとっているキャンペーンで人気を博している。

ちなみに一年越しの「#本田とじゃんけん2020」では、
2019年に
「俺の勝ち、なんで負けたか明日まで考えといてください。」
で有名だったパーを負けると

2020年に
「1年間何やってたんですか?この結果はじゃんけんに対する意識の差です。」
まさかのストーリー性まで垣間見ることが出来る

今後も続くであろう本田圭佑とペプシコーラのキャンペーン企画から目が離せないところだ。

ネット界隈での人気

本田圭佑のセリフや動画は様々な使われ方をされているので、一部を紹介しよう

煽りステ極振りの本田圭佑

ゲームアンドウォッチでワンチャンしか狙わない本田圭佑

意地が悪い本田圭佑

GB素材としても配布されている

スポンサーリンク

-元ネタ紹介
-

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.