ネット有名人 元ネタ紹介

Youtube最古の動画「Me at the zoo」動画に登場する男性は何者? 動画と男性について紹介

Youtubeに投稿された最古の動画「Me at the zoo」について

おい葵、突然やけどYoutubeで一番古い動画ってなにか知っとるか?

あー、知っとるで。レッツゴー陰陽師やろ

あほか、それはニコニコ動画や
答えは「Me at the zoo」っていう男性が動物園の象について喋っとる動画なんや

おいおい、天下のYoutubeにしてはあまりにもショボい動画やな
私の朝食風景映した動画のがまだマシやな・・・

「Me at the zoo」は、
2005年4月に投稿されたYoutubeで最も古い動画となっている。
今や再生回数は20億回再生、コメントは1100万を超えており、
最古というバリューを遺憾なく発揮している動画だ。

今回はその動画や登場人物について紹介

「Me at the zoo」実際の動画

実際に投稿された「Me at the zoo」はこちらである。

若めの男性が動物園にいる象の前に立ち、英語でなにかを喋っている動画となっている。
ちなみに位置情報を参照するとサンディエゴの動物園であることが分かる。

喋っている内容

ちなみに喋っている内容は、

「象の好きなところは、とても長い鼻を持っているところかな
カッコイイね。 ・・・それ以外に言う事は特にないね。」

こんな感じのなんの変哲もないことを喋っているだけである。

映像だけかと思ったら言ってることもしょーもな!!
もっとおもろいアメリカンジョーク言わんかい!

お前最古の動画になにを求めとんねん!
この動画には重要な意味があるんや

Youtubeの制作者ときっかけについて

今はGoogleの傘下となっているYoutubeは、
写真ではなく映像を共有したいと思ったとある3人によって制作されたサイトとなっている。

今では様々なSNSで動画を送ったり共有できるけど、
メールが主な連絡手段やった2005年までは動画を送ることが困難やったみたいや

その3人が、チャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムである。

左からチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリム

ちょ、ちょい待てよ・・・
この右の男まさか

「Me at the zoo」に登場している人物はYoutube製作者の一人

「Me at the zoo」に登場している男性は、
Youtubeの制作に携わったジョード・カリム本人であったのだ。

動画が投稿されたチャンネル名もしっかりjawed(ジョード)となっている。

ちなみに、Youtubeが正式にサービス開始したのは2005年11月となっており、
「Me at the zoo」が投稿された時期は2005年5月。

つまり、
製作者であるジョード・カリムが動画投稿テストのためにアップロードした動画であることが分かる。

その後2006年10月にGoogleに買収される

Youtubeをサービス開始し、多くのユーザーに満足してもらい好評を貰う一方で、
サーバーの維持費問題や著作権問題、規約違反動画の取り締まりなど、
管理するために膨大な労力が掛かっていたと3人は語っていたが

サービスを開始して1年も経たずして、Googleから
「Youtubeを16億5000万ドル(約2000億円)で買収したい」
話を持ち掛けられ承諾した経緯で、YoutubeはGoogle社のサービスとなった。

そんな歴史のないサイトに対して2000億円!?

Googleは1年足らずでYoutubeの価値を見抜いて取り込んだわけや
そして今やYoutubeは世界2位のアクセス数を誇ってるから
この選択は誰から見ても大正解やったことになるな

買収されたとしても、
Google様によってYoutubeは着実に成長していくし、
自分は最古の動画として受け継がれていくと考えると
テスト投稿動画だとしてもジョード・カリムは良い足跡を残せたな。

まとめ

  • 「Me at the zoo」に登場する男性は、
    Youtubeを制作した3人のひとり『ジョード・カリム』であった。
  • この動画は、動画投稿テストとしてサービス開始前に投稿された動画である。
  • 動画の中身はしょぼいが、最古の動画というだけで話題になり続けている
  • Youtubeは後に2000億円でGoogleに買収された

-ネット有名人, 元ネタ紹介
-

Copyright© とんずらネット , 2022 All Rights Reserved.