ネット有名人 元ネタ紹介

"働いたら負けかなと思っている"の元ネタ紹介と現在

"働いたら負けかなと思っている"というフレーズをご存知だろうか。

24歳で無職ニートの青年が、テレビの「働かない若者たち」という
特集番組のインタビューに対して放った名言(迷言?)である。

ニートを極めし者の発言として、当時ネット上で大きな反響を呼ぶこととなった。

インタビューの元動画

実際に"働いたら負けかなと思っている"という発言が生まれたテレビインタビュー動画はこちらから確認できる。

ある種の共産主義思考の考え方による言葉とも考えられ、
無宗教の平和主義者が行きつく境地
ともいえるだろう。

政治家に対する挑戦や皮肉としての言葉であれば、政治家を動かす貴重な意見ともとれるが、
ただ単に働きたくないだけであれば、この思考が世に蔓延ればこの世の終わりである。

その後の姿とニコ生に出演

ニート特番のインタビューで有名になった彼だが、
その後まさかのニコニコ生放送に出演を果たしている。

坊主姿とは違い髪の毛がふさふさとなっており、
何よりもワイシャツにネクタイを締めて、社会人らしい格好になっていることが分かる。

数年の間に彼の心情にどのような変化があったのかは分からないが、
40歳まではニートを続ける。という思考を考え改めたとも受け取れる。

生放送のまとめ
 
今現在も職歴なし。就活中。かなりの数を受けている。したい仕事は「お前には教えない」
 希望年収500万(ボーナス別) 無理なのは分かってる。就活で質問されても「500万希望」と答えてる。
 22歳の時に職歴有り。ブラックで月収40万。バイトは4ヶ月してない。
 群馬出身、司会者とは中学の同級生。大学中退。
 東京で一人暮らし。家賃6万。引越し考え中。
 月の生活費は「普通」
 好きな食べ物はそば。
 免許失効した。
 年金払ってる。

 スーツは趣味で着ている。時計は手巻きのヤツじゃないと絶対にダメ。 
 自動巻きはかっこわるい。こだわり。
 虫歯とか、抜けてた歯は治療した。保険きいた。

 自分が人気者だというのは全然しらなかった
 2chはギャンブル板で煽られた事もあり、昔は嫌いだった
 2chはキモヲタしかいないところだと思って嫌いだった。
 2chよく知らないわりにトリップを知ってる。
 ニコニコの事はよく知らない。
 ニコ生と2chの違いも分かってない模様。
 ブログ持ってるけど教えない。

 「なんでそんなに他人のこと知りたいの?」
 「他人と比べて優越感に浸りたいだけでしょ」
 ニュース見ない。東スポくらい。

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52424528.html

SNS/ネットでの使用

そのフレーズの良さや、怠惰な生活を送りたい人たちなどの間で、
かなりの時が経った現在でも"働いたら負けかなと思ってる"というフレーズがよく使われる。

また、生活保護制度の話が浮き上がる度に使用されたりもする。

まとめ

  • "働いたら負けかなと思っている"はテレビのインタビュー時に生まれたフレーズ
  • 発言した人物はその後ニコ生に出演している
  • 就職活動を行っており、恐らく現在はサラリーマンとして働いている
  • ネット上で人気があったことを当人は知らなかった

下手に働くくらいなら生活保護を受ければいいと発言し、日本のおかしな実情を的確に非難しているようにも思えてしまう。

ニートという社会的には悪く思われがちな存在でありながらも、
このような発言をメディアに伝えたという点である意味日本の政治家に対する挑戦とも受け取れたが、

本当にただ働きたくなくて怠惰な生活を送りたかっただけなのか。
果たして果たして・・・

-ネット有名人, 元ネタ紹介
-

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.