ネットスラング 元ネタ紹介

"33-4" とは? 由来や元ネタ紹介 阪神ファン悪夢の数字

タイガースファンの悪夢を呼び起こす数字である。
「なんでや!阪神関係ないやろ!」も大体セットで使われる

"33-4"とは

2005年でのプロ野球日本シリーズにおいて、
ロッテvs阪神が4戦対戦したときの得点合計
が元ネタである。

日本シリーズとは毎年行わるパ・リーグとセ・リーグの首位同士が対戦で、
その名の通り日本一強いチームを決める名目の4勝先取の対戦となっており、
その1年を締めくくる集大成とも言えるため、多くの野球ファンやメディアが注目する大舞台だ。

そんな注目を浴びた2005年の日本シリーズでは、
パ・リーグの首位はロッテ、セ・リーグの首位は阪神となり、
両者の白熱試合をファンは期待していたのだが、
結果は阪神の4連敗で得点合計は"33-4"と歴史的大敗を喫したのである。

ロッテ    vs     阪神
第1試合 10      ー       1 
第2試合 10      ー       0
第3試合 10      ー       1
第4試合 3      ー       2

王手が掛かる第3試合までに計30点取っているのに対して阪神は2点である。
攻撃と守備の両方で手が出ない状況で絶望的な状況で挑んだ最終戦も敗戦で終わる。
当時のタイガースファンの気持ちを考えるとお察しである。

33-4の使われ方

この2005年の日本シリーズは、
阪神やタイガースファンにとってはトラウマに近い出来事で、
その4試合の得点合計である"33-4"という数字は、
後の野球界隈でも圧倒的点差がついた試合などで現在も使われている

例えば中日vs巨人の対戦であっても、
点差が離れて一方的な試合になってくると、"33-4"と言われたりする。
タイガースファンにとっては無関係な試合で悪夢の数字が出されることで、
「なんでや!阪神関係ないやろ!」とお決まりの返しも生まれた。

さらには野球に関係なくとも、334という数字を見るだけで
"阪神"と関連付けて 「なんでや!阪神関係ないやろ!」 と反応する
被害妄想の激しい阪神タイガースファンも現れた。

当時は本当に"33-4"という数字にショックや不快感を覚える人もいたが、
今では過去の話で、ネタとして使われることがほとんどである。

余談 阪神はなぜ負けた?

なぜ阪神タイガースはここまでの大敗をしてしまったのだろうか。
そもそも強くなければ日本シリーズの舞台に立つことはできず、
当時の下馬評では、”阪神タイガースが日本一になる"といわれたほどであった。

ちなみに第1試合のオーダーはこちら。

盗塁王:赤星選手 打点王:今岡選手 他にも金本選手鳥谷選手などの
強力打線とJAFを中心とした最強の中継ぎ陣を持った投手たちがおり、
走攻守揃ったチームとなっていた。

また、第1戦では濃霧により中断しておりそのままコールド負けという
日本シリーズ史上初のレアな事件まで発展していた。

当時の阪神タイガースの反応

まさか4連敗するなんて思わなかった当時の阪神タイガースファンは、
強気の姿勢を見せて最後まで阪神を応援し続けた。イイハナシダナー!

流石に都合が良すぎる
2戦目は10-0で敗北・・・
2連敗するもハンデとして逆襲を狙っていた
「負ける気せーへん 地元やし」という名言も生まれた
3試合目は10-1で敗北 3連続10失点である

-ネットスラング, 元ネタ紹介
-, ,

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.