テレビ 元ネタ紹介

ハンマーカンマ― 元ネタ/動画紹介 ハリウッドザコシショウの鉄板ネタ

ハンマーカンマ―とは

誇張しすぎたモノマネシリーズで有名なお笑い芸人のハリウッドザコシショウが
古畑任三郎のモノマネをする際に連呼するフレーズ
である。

ハンマーカンマ―=悩む という意味として使用されており、
悩む人=古畑任三郎として、モノマネをする際に連呼する。

誇張モノマネではなく、なんなら古畑任三郎は推理しているだけで悩んでなどいないのだが、
何の脈略も意味もない「ハンマーカンマ―」という言葉を連発する古畑任三郎という
ハリウッドザコシショウの世界観が面白いと話題になった。

また、その後は悩むという意味でハンマーカンマ―を使わず、
ただ意味もなくハンマーカンマ―を披露する場も増えている。


水曜日のダウンタウン
 「坊主のお経、途中からハンマーカンマーになっていても気づかない説」
 「店内BGM 有名曲が違う歌詞(ハンマーカンマ―)になっていても気づかない説」
など。

ハンマーカンマ― 動画紹介

実際にハリウッドザコシショウが
ハンマーカンマ―のネタを披露している動画がこちらだ。

ハンマーカンマ―の発祥

ハリウッドザコシショウがインタビューにて、
ハンマーカンマ―が生まれた経緯について説明しているが、

『G★MENS』というコンビで活動していた時代の大喜利する場面にて、
ハリウッドザコシショウが変な答えを出した時に、
感想を求められたチャンバラトリオの南方英二師匠は
反応に困り「ううん、なんちゃらなんちゃら」と口ごもった。

そのビデオをケンドーコバヤシと見返した際に、
「こいつ、『ハンマーカンマー』言っとるやないけ!」とケンコバが気づき、
ハリウッドザコシショウが"悩む=ハンマーカンマ―"と解釈して古畑任三郎の
モノマネとして連呼しだした。という経緯である。

ネタとして世に知らしめたのはハリウッドザコシショウであるが、
初めて「ハンマーカンマ―」と発言したのはケンドーコバヤシであったようだ。

そのハンマーカンマ―を連呼する古畑任三郎のモノマネを観て
衝撃を受けた伊集院光氏が自身のラジオ『深夜の馬鹿力』で
「ハリウッドザコシショウが俺の心を打って止まなかった」
と名を広めてくれるまでに至ったという。

ちなみにハリウッドザコシショウがコンビ活動していた『G★MENS』は2002年に解散しているため、
ハンマーカンマ―が生まれたのは少なくとも2002年以前ということになり、
かなり歴史の深いネタであることが分かる。

-テレビ, 元ネタ紹介
-

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.