マンガ_アニメ 元ネタ紹介

"絶対殺すマン" 元ネタ紹介 ジョジョ7部のスタンド"タスク ACT4"が由来

「絶対殺すマン」とは

ジョジョの奇妙な冒険に登場するスタンドのことを、
読者が愛称として"絶対殺すマン"と呼び出したことが元ネタとなっている。

ちなみに、
『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ7部の主人公ジョニー・ジョースターの
"タスク ACT4"こそが「絶対殺すマン」と呼ばれるスタンドである。

「絶対殺すマン」の使い方としては、
特定の対象に対して異常に執着したり強い効果や力を発揮したりする人やモノに対して使われる
ex「ゴキブリ絶対殺すマン」「ザンギエフ殺すマン」「ばいきんまん絶対殺すマン」など…

また、「殺すマン」以外にも「絶対○○するマン」や「○○マン」など、
使い方は幅広く、とりあえず最後に"マン"だけつけておけば成立するネタとなっている。
ex「今日は絶対掃除するマン」「絶対に残業しないマン」など…

そのため、意味も多岐に渡り称賛したり自虐したり貶したりと
場合によって意味合いも大きく変わってくる言葉である。

「絶対殺すマン」と呼ばれた"タスク ACT4"について

元祖「絶対殺すマン」は、
『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ7部”スティール・ボール・ラン”に登場する
主人公(ジョニー・ジョースター)のスタンド「タスク ACT4」である。

タスクはACT1~4の成長するスタンドとなっており、
ACT1では爪を飛ばして嫌がらせするのが精一杯な最弱スタンドであったが、
ACT4へ成長すると「倒したい相手をどこまででも追いかけて逃さずに絶対に倒す」
という能力を持つ最強スタンドとなる。

この能力から"タスク ACT4"のことを「絶対殺すマン」と呼ぶ読者が出現
簡潔で分かりやすいということで「絶対殺すマン」が定着することで
最終的にはジョジョ以外でも使われる程の人気に得ることになった。

SNSでの「絶対殺すマン」の使われ方紹介

私は毎日ブログ書こうとするけど絶対継続しないマン!!

-マンガ_アニメ, 元ネタ紹介
-

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.