SNS 元ネタ紹介

"100日後に死ぬワニ"映画が爆死 初日の興行収入は500万円

100日後に死ぬワニとは

漫画家である"きくちゆうき"氏によって
2019年12月から2020年3月に渡り描かれた4コマ漫画の作品のことである。

"100日後に死ぬワニ"はTwitterにて毎日投稿されていて
漫画の最後にワニの余命がカウントダウン方式で減って連載された作品となっており、
死ぬまでのワニの生活や仲間との交流を、読者たちがリアルタイムで追いかけることできた。


SNSならではの交流や、死期が近づいているとは到底思えないゆるいストーリーなども好評で、
終盤になるにつれて読者が多くなりTwitterのトレンドに入ってきたり、
最終話となった100日目では、200万いいね!や70万近いリツイートを記録した。

大人気4コマ作品として完結し、テレビメディアでも取り上げられるほど話題となった。

当時のTwitterには "100日後に死ぬワニ"がよくタイムラインに登場してたな
Twitterユーザーやったら嫌でも目に入ってたんちゃうか

無料で気軽に読めたし、毎日更新っていう頻度も好評やったみたいやな
SNSの特性を上手に活用して集客するのは感心したわ

100日後に死ぬワニ は最終話とともに炎上

多くの読者が関心を寄せて「100日目はどうなるのだろう」と期待していたところに、
遂に完結となる最終話(100日目)がツイートされたと同時に突如暗雲が立ち込めることになる。

最終話の余韻に浸る隙も与えずに、
今まで全く触れていなかったグッズやLINEスタンプの情報が山のように紹介され、
露骨なビジネス展開を読者に伝えてきたことにより、一気にイメージが下がってしまう。

さらには、電通によってステマしてもらっていた作品であることが発覚した。

こうなってしまっては読者同士が感動を語り合うのではなく、
後味の悪さを感じた読者たちは金儲けにシフトチェンジした"きくちゆうき"氏を
やり玉にあげて批難することで炎上する事態となってしまった。

100日後に死んでしまって、101日後に炎上して火葬まで完璧ってか

そんな冗談で終われば平和やったんやけどな

『100日間生きたワニ』として映画化するも爆死

終わり方としてはかなり歯切れが悪い作品であった"100日後に死ぬワニ"だが、
炎上事件を押し退けるほどの話題性があったために、映画化がされている。

あらすじ
桜が満開の3⽉、みんなで約束したお花⾒の場に、ワニの姿はない。
親友のネズミが⼼配してバイクで迎えに⾏く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画⾯が割れた状態で道に転がっていた。
100⽇前―――
⼊院中のネズミを⾒舞い、⼤好きな⼀発ギャグで笑わせるワニ。
毎年みかんを送ってくれる⺟親との電話。
バイト先のセンパイとの淡い恋。
仲間と⾏くラーメン屋。
⼤好きなゲーム、バスケ、映画…ワニの毎⽇は平凡でありふれたものだった。
お花⾒から100⽇後――
桜の⽊には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは⾬に変わっていた。
仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。
変わってしまった⽇常、続いていく毎⽇。これは、誰にでも起こりうる物語。

https://filmarks.com/movies/89905

2021年7月9日(金)に公開された 『100日間生きたワニ』は、
このようなキャスティングとなっている。

声優

 神木隆之介 
 中村倫也
 木村昴
 新木優子
 ファーストサマーウイカ
 清水くるみ
 Kaito
 池谷のぶえ
 杉田智和
 山田裕貴

音楽・主題歌

音楽:
 亀田誠治

主題歌:
 いきものがかり「TSUZUKU」

誰もが知っているような豪華声優陣が声をあてており
主題歌についても いきものがかり でかなり力が入っている配役であったことが伺える。

初日の興行収入は500万円

だが、ふたを開けてみれば初日の興行収入が500万円となってしまっている。

他作品の初日興行収入から比較すると、例えば

鬼滅の刃 -無限列車編-  は 15億円
シン・エヴァンゲリオン は  8億円
ポケットモンスター -ココ- や えんとつ町のプペル は 1億円

となっている。

ちなみに "100日後に死ぬワニ"の着席率は2%
初日であるにもかかわらずほぼ空席であったとされている。

↓座席表で遊ばれるワニ

どれほど素晴らしい映画であっても、
興行収入が製作費や広告費に満たなければその作品は赤字となってしまい、
制作陣からすると失敗に分類される映画となってしまう。

"100日後に死ぬワニ"も単なる富豪の娯楽ではなく、ビジネスとして作られているため
この 初日の興行収入が500万円 は爆死していることがわかる。

上映料金を1人1500円として、500万を割ったら
大体3300人が見たってことになるんか
着席率も2%やしコロナ対策はバッチリやな

これだけ豪華なキャスティングしておいて500万では
確実に元はとれない作品になるやろな

『100日間生きたワニ』 の内容評価

有名な映画レビューサイトでは、安定して低評価がつけられ酷評続きではあるが、
そもそも”100日後に死ぬワニ "で炎上したことが尾を引いており、
映画を視聴していない人ですら低評価をつける愉快犯も出ている状況となっている。

映画を観た上で真面目に内容は、
原作の4コマ漫画をベースに映画が作成されており、
63分の映画にするのは途中で飽きてしまうという意見が多かったようだ。

特にアクションやバトルがされるわけでもなく、ほのぼのストーリーが
ただただ流されることになるので、ゆるゆるな雰囲気が好きな人であれば
楽しめた人もいたかもしれないが、大抵の人は引き伸ばしに嫌気がさしてしまったようだ。

ぶっちゃけ内容は4コマ漫画そのまんまらしいし
あの雰囲気が好きな人以外には刺さらん作品なんやな

原作ありきの映画なんてその作品の
信者が楽しめればそれでええきもするけどな

-SNS, 元ネタ紹介
-,

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.