マンガ_アニメ 元ネタ紹介

「オレでなきゃ見逃しちゃうね」 元ネタ/動画紹介 HUNTER×HUNTERのモブキャラが発言

「オレでなきゃ見逃しちゃうね」とは

冨樫義博先生の漫画『HUNTER×HUNTER』の幻影旅団編に登場した
モブキャラのイキった発言が元ネタとなっている。

「一般人なら何事もなくスルーするようなシーンでも、オレであれば認識できる」
という意味でつかわれており、オレすげぇだろ?と自画自賛する言葉でもある。

発言したのは名のないモブキャラ

このモブキャラはマフィアンコミュニティに雇われた暗殺者の一人で、
ゾルディック家の前でも気圧されない実力の持ち主であった。
しかりイキったモブキャラの鉄則として、その後クロロにやられてしまっている。

ちなみにモブキャラが見逃さなかったのは、
幻影旅団の団長であるクロロが放った素早い手刀であった。

この時、クロロの動きは生で見ていたわけではなく、
監視カメラの録画を見返していたことの出来事となっておりモブキャラが
クロロの不審な動きに気付き巻き戻してのスロー再生を要求することで判明した手刀

つまりカメラがしっかりと捉えており、見逃さなかったのはモブキャラではなく
高性能なカメラさんだったのでは?と疑問の声もでている。

「オレでなきゃ見逃しちゃうね」 の元動画

誰もが見落とすシーンで違和感に気付けるということで、
やはりやり手の暗殺者というべきなのではないだろうか。

第51話「ヒジョウ×ノ×センジョウ」(新作)
声優は、旧作:高橋広樹(たかはし ひろき)  新作:松山鷹志(まつやま たかし)

その後クロロとの戦いにてやられてしまう

見事クロロの手刀を見破ったモブキャラであったが、
悲しいことに、そのクロロによってやられてしまっている。

モブキャラは、血の匂いを頼りにクロロが潜む高層までたどり着き、
死体の陰に隠れていたクロロに対して、
「同類同志仲良くやり合おうじゃない」と戦いを仕掛けた。

しかし、戦闘直後にクロロの念漁"密室遊漁"に体中を喰いつくされるも死ぬことは無く、
「何故オレはまだ生きているんだ!?」と生きている自分に驚く事態に。

念漁"密室遊漁" の能力は「痛覚と出血を遮断する」であり、
その痛覚と出血は密室遊漁が解かれた際に発生するものであった。

最終的にクロロはモブキャラに仕掛けた密室遊漁を解除し、
同時にモブキャラは全身かた血を噴出し即死した。

ネット上での使われ方

-マンガ_アニメ, 元ネタ紹介
-, ,

Copyright© とんずらネット , 2021 All Rights Reserved.